スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祖母へ

幼い頃、親に叱られると必ず助けてくれた祖母。

気の強い女性でピリッとしたところもあった祖母。

静かに家族を見守ってきた祖母。

どんな時も私たちのそばにいてくれた。


12月15日 夕食時
すっかり食欲が無くなった祖母が食事を口に運んでもらっている。

食べれるならだいじょぶ。

そう勝手に思ってしまった。

おばぁちゃん、また来るからね~

それが最期とは知らず…

2時間後、祖母は永遠の眠りについた

薄情な孫だと思う

祖母を想うと涙がこぼれる


くよくよしてても仕方ない!
気丈な祖母に言われそうだ

まぁそうだね、おばぁちゃん
しっかり自分の道を歩いて行けるように見守っててね☆

たくさんの感謝を込めて
ありがとう おばぁちゃん♡
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。